初雁の空の下で

(カット 大嶋昭彦) 迫りくる失明への恐怖  私は、あのいまわしい十五年戦争の幕が切って落された、昭和六年(一九三一年)の三月、埼玉県の秩父の町で、当時、旅館を営んでいた両親の間の、五人兄弟の二男として生まれた。しかし、 続きを読む初雁の空の下で