「EBWin4」でEPWING辞書やロゴヴィスタ電子辞典をスクリーンリーダーで操作

Windowsパソコンのスクリーンリーダーで電子辞書を利用できるのが、「EBWin4」です。

お手持ちのEPWING辞書や、電子ブックだけでなく、2013年頃までに発売された、ロゴヴィスタ電子辞典などの多くのタイトルに対応しています。

私が動作を確認したのはNVDAとPC-Talkerです。

インターネットの検索で、フリーソフトの「EBWin4」をダウンロードしてインストールします。

お手持ちのEPWING辞書を適当な場所に置いておきます。

ロゴヴィスタ電子辞典は、購入し、通常の方法で、インストールします。

「EBWin4」を起動し、ファイルメニューから辞書の追加を選び、EPWING辞書ではCATALOGSファイル、ロゴビスタ電子辞典では拡張子”idx”のファイルを読み込むと検索が利用できるようになります。

初期の画面では検索語を入力するエディットボックスにフォーカスがあります。入力し、そのままenterキーを押すと検索ができます。

検索結果のリストが表示され、上下矢印で選択を変更すると検索結果が更新されます。

tabキーで、検索結果に移動できます。NVDAでは「ドキュメント」、PC-Talkerでは「ウェブ」と読み上げます。上下矢印で内容を確認したり、リンクをクリックしたりできます。

PC-Talkerでは、ダイレクト操作キーを使用するをチェックしておきます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Skip to content