ジェーティーアール製点字プリンター「ESA300Pro」のサポートが2022年三月に終了。その他お知らせ

ジェーティーアール製点字プリンター「ESA300Pro」のメンテナンスが、2022年3月に終了します。

既に5年前に製造中止された本製品は、高速片面印刷を安定して実現した国産点字プリンターとして、点字図書館、点字出版所、盲学校などで、活用されてきました。

メンテナンス終了について、該当ユーザー宛てには個別にご案内が届いていると思います。

堅牢で高性能な製品であるが故、できるだけ、使い続けたいというお声も伝わってきます。

各ユーザーの条件に合わせ、以下のようなご対応を提案します。

  • サポート期間内にオーバーホールを依頼して、できるだけ最良の状況を作り、故障するまでお使いいただく。
  • 後継機種の「ESA300X」を新規に購入し、切り替える。

ジェーティーアール製点字プリンター「ESA721 Ver95」は、15年前製造のモデルまでは修理いただくことが可能です。

「ESA721」の製品名を冠にした製品は、大きく3世代に分かれます。

  1. 「サイレントプリンター ESA721,およびターボ」: 点図印刷機能がない。
  2. 「New ESA721」: 点図印刷機能がある。
  3. 「ESA721 ver95」: 点図印刷機能がある。

メンテナンスが終了しているのは、1、2、および3の15年以上前の機種です。

今後、同製品を使い続ける尾予定のある方は、製品印字のシリアルナンバー(数字)をご確認の上、メーカーにお問い合わせください。

シリアルポートしかない古い点字ディスプレイでも、Bluetooth接続が可能になるソリューションを、有償でご提供します。

私どもの独自調査で、シリアルポートしか搭載されていない点字ディスプレイでも、パソコンとのBluetooth接続をできるようにする方法がわかりました。

日々お忙しい現場のお手数を軽減し、使いやすい環境を提供すべく、個別の対応を準備中です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Skip to content